情報を選んで必要なものに選り分けるpotatoes-411975_1280

 

 

必要な情報を選ぶように心がける

買い物に行くとどこでもいい感じに商品が並んでいます。
食品、日用品、衣料品・・ときちんと整理されていて
ほしい物が見つけやすいですよね。
これがごちゃごちゃになっていたら分かりにくい。
というかほしい商品にたどり着けないかもしれません。

では情報はどうでしょう?
整理されたものを見ているでしょうか?
インターネットの情報の中には必要なものだけでなく、
どうでもいいもの、害を与えるものが混ざっています。
実店舗がある商品を自分の目で確かめるのと違い、
散乱した情報のなかに本当に必要な情報が埋もれています。
なかなか見つかりません。

どうでもいい情報、あると害になる情報は少なければ
少ないほどいいのです。

テレビで流れている芸能人が何をしたとかいう情報は、
食品に例えるとスナック菓子のようなものです。
頭を使わない他人の噂話ですからこんなに楽なものはありません。
でもスナック菓子を毎日食べていて体にいい事はありませんよね。
全く見てはいけないというわけではないけれど、
見始めると見入ってしまいますから入り口から遠ざかって
いる方が無難です。基準をしっかり持つと楽になります。

子供の頃、テレビは見たい番組を決めて2時間までとか学校で言われて
いましたが、守れた人がどのくらいいたのか疑問です。
ちなみに私は具体的にどうしたら良いのかわかりませんでした。
だらだらテレビをつけたままにしていると、時間はあっという間です。
最近では、インターネット検索をしていても途中で脱線してしまい、
ついついどうでもいいものを見てしまって気が付くと1時間経過
なんてざらにあります。

こういう時間は無駄な時間使わないと決めると、
本当に必要な情報にたどり着きやすくなります。
もちろん必要な情報だけでは味気ないので基準を作るのです。

昔は情報が限られていましたからとにかく暗記をして自分の中に
引き出しを作っていたわけですが、今は情報を取捨して自分で選ぶ時代です。
ただ、その情報の中には著者の考えが入っています。

大切なのは情報の中で大切なのは下記の2つを外部から取り入れること。
1.事実が何なのか。
2.人の意見はどうであるのか。

その情報を知って決めて自分の実行に反映させることです。
3.自分はどうなりたいのか。
4.自分はどうするか。

これだけです。
情報源がその情報はもともとどこから来ているのかわかるとなおいいでしょう。
ですから余分な情報は意識的にカットするのが良いのです。

【編集後記】※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

毎日いろんな取り組みをしていますが満足できることはほとんどありません。
それでも真剣に取り組むのが楽しくてやっているので問題ありませんが、
もっともっとスッキリとさせたいと奮闘しています。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.