iPhoneのマイナポータルを使って定額給付金の申請を試してみた

東村山市のホームぺージを見ると2020年5月11日から開始していると記載がある定額給付金ですが、5月15日の市報を見ると通知を発送するのが5月20日以降に通知書を発送するとあるので待たないとだめなんだと思っていました。

ですが、もしかしたらマイナンバーカードがあればできるのかな?
と思ったので先ほど試してみたところ、申請完了しました。

(前提条件)
マイナンバーカードが手元にあること
対応機種のスマートフォンがあること(私はiPhone11を使いました)
マイナンバーカードのパスワード(数種類ある)がわかること。
かつ、パスワードがロックされていないこと。

(申請手順)
スマホにマイナポータルをインストール

マイナポータルにログイン

申請はこちら”ぴったりサービス”に進む

この条件で探すを使って 特別定額給付金の申請の画面に進む

郵便番号を使ってお住まいの市町村を選んで必要事項の入力

検索条件を特別定額給付金と設定する

特別定額給付金にチェック

手続きの確認

電子署名付与の動作環境確認

手続き概要の確認

そこからマイナンバーカードの読取みり

スマホからマイナンバーカードの券面情報を読取ったらSafari(ブラウザ)を開く

入力内容の確認

振込先口座の確認書類をスマホで写真を撮って添付

添付書類にはキャッシュカードなど数種類使えるものがあります

マイナンバーカードの読み込んで電子署名を添付する

付与に成功したら再度サファリ(ブラウザ)に戻る

ブラウザのマイナポータルに戻る。
本画面は閉じてくださいとあるので不安だけど閉じる

送信するがてきたら送信する

送信完了しました
受付番号の付与
申請様式の控えの保存

といった具合です。

ところどころでつまづく場面がありますが、
署名用電子証明書については5回連続で、利用者証明用電子証明書については3回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかってしまい、当該電子証明書は利用できなくなってしまいます。
とありますので、2回間違えたら手続きは中断したほうが無難です。

パスワードロック解除には
発行を受けた市区町村窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定が必要となりますのでここだけは注意が必要です。

パソコンでは試していませんが、パソコンではICカードリーダーライターが必要です。スマホで挑戦してみるのがお勧めではありますが、うまくいかなくてロックされてしまうくらいなら、書類が郵送されるのを待って紙で申請するほうがいいかもしれません。

後日談

「特別定額給付金 支給決定通知書」が申請から3週間後に届きました。早いのか遅いのかよくわかりませんが、紙で申請書が届いてから提出するよりは早かったのではないかと思います。今回試験的な試みだったので、自分のと他の市に住んでいる父親の分を電子申請したところ、実家の給付金は申請から3営業日後に入金になったということでしたので、市町村のによって差が出ていることが推測できます。
マスコミの報道をうのみにしないで自分で試してみるのも大切だと思っています。

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.