確定申告の誤りやすい事例集(1)

国税庁のホームページに「平成30年版 確定申告の誤りやすい事例集」というのがあります。

誤りやすい事例1

1か所から給与(年末調整済)の支払いを受け、給与以外の所得が20万円以下である人が、申告納税額が黒字になるとして確定申告を行った。

と記載されています。
簡単に言ってしまうと、給与所得者で年末調整済みの人が、申告しなくてもいい20万円という枠があるけれど、この、確定申告書を提出する義務がない人が申告してしまうと余分に納税することがあるので注意してねということです。
ただし、医療費控除や事業所得などで申告書を提出する人は、申告書を作成するときにこの20万円の部分が漏れないようにしなくてはいけませんといった内容になっています。

確定申告が必要かどうかを知りたい場合、最近は国税庁でチャットサービスが試験導入されていますので、こちらを利用してみるのも良いですね。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.