稲垣えみ子さんにお会いしました

余計なものを持たない

断捨離してモノがなくなって、すっきりした部屋を見るのはすがすがしいものです。
お掃除もしやすくなり、良いこと尽くしのように感じます。でも、どんどん捨ててしまうことはどうなんでしょうか。使わないで捨てるようなものは買わないようにしたいものです。

稲垣さんに会ってみたい

余計なものを持たずに生活している稲垣えみ子さんの本は圧巻でした。ここまでしなくても良いのではないかと思うくらいの生活をしている稲垣さんの著書「魂の退社」を読んで一度お会いしたいと思っていました。

サイン会

そんなふうに思っていたら、偶然にも、サイン会に参加する機会がありました。サインをいただいたのは新刊「寂しい生活」です。内容は書きません。私には真似できる生活でもありません。

サイン会に参加なんて生まれて初めての事です。余計なモノを持たない身軽な生活を送る著者の本から感じる事があって、お目にかかりたいと思いました。

エンドユーザーの務め

作られたモノを使うのはエンドユーザーとしての務めだと私は考えます。製造者責任法(PL法)というのがありますが、モノを買ったユーザーとして、最後まで責任をもって使うというのはユーザー責任なのではないでしょうか。自分が使うしかないのに使わないのはモノに対して失礼です。

使いにくいからほとんど使っていないような消耗品を、家に放置しておくのはユーザー責任を無視した行為です。商品にお金を払ったお客様はのことを神様だという考え方をするから、モノに対しても失礼な行為をすることに
なるのかもしれません。

買ってみて数回使ってみたけれど使いにくいから放置するくらいなら、リサイクルに出せばいいじゃないですか。
もし、それが面倒くさいのなら最初から買ってはいけません。無駄になるものを買って放置するのではなくて、買う前にもっともっともっと考える。衝動買いをしない習慣をもつことって必要なんです。

ほしいと思ってすぐにぽちっとしない。
安いから買うのではなくて、自分に必要で使うものだから買う。
買ったけど放置している自分が想像できるものは買わない。
そんなことが習慣になるように心掛けています。

それではGDPが伸びないといわれそうですけど、GDPを上げるために国民が皆無駄遣いしてゴミを増やすくらいならGDPが下がったほうが良いと思います。

おすすめします

生きるという根本的なところをくすぐられました。稲垣さんの本、お勧めです。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.