帳簿をつける効果

これは何の支出ですか?

帳簿をつけるときに必ずしないといけないのが費目の確認です。この支出は消耗品費とか、交際費とか、手数料とか分けて行くわけです。この作業が結構面倒だったりします。
でも、たまにわからない支出が紛れ込んでいたりして、実はこの面倒な作業は結構大切なのです。
これはなんの支出なのか?と、確認をすることで、今回、びっくりするような事実が判明しました。

何をしてもらっているの?

実は、お客様のところで定期的に支払っている手数料の中に、何をしてもらっているのかわからない支出があって、確認する事にしました。オーナー社長さんから話を伺ったのですが支払っている金額に見合った業務をしてもらっている様子がありませんでした。

契約して安心

専門の業者さんと契約をすると、それだけでもう大丈夫だと安心してしまって、ほったらかしてしまって、実は支払った内容に見合った仕事をしてもらっていなかったなんてこともあります。
改めて、帳簿をつけるメリットを体感しました。

今までこんな発見がありした

帳簿を見ていて、これまでやっていて良かったなと思うことは一度や2度ではありません。人間は間違えるものです。
二重支払。
けた間違えの支払い。
支払先がを間違える。
代金の支払い忘れ。
回収漏れ。
社内の不正。
その他にも、これまでさまざまな発見をしてきました。
面倒な帳簿付けですが、こういう発見があるから、役に立つと感じるからこそ続ける価値を感じます。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.