やる、やらない、よりも適度にやることが大切
新緑が綺麗な季節になりました。

心の持ち方を変える

血液検査の結果で中性脂肪の増加が気になっています。このまま進むとお薬を飲まないといけなくなります。今なら生活習慣の改善でなんとかなる可能性があります。
薬は副作用も心配ですし、医療費を抑制する面でも薬に頼らない自助努力が大切だと思っています。

そのためには、当たり前の事ですが、生活習慣を見直すのが1番で、具体的にやることといえば、食事内容と適度な運動です。
たったそれだけです。でもそれだけのことが難しく感じるのが人間です。
生活習慣を変えるということは、全ての行動を少しずつ変えていく難しい作業です。生活習慣を改善するためには、仕事のストレスを軽減させる必要もあります。

一つだけでは上手くいかない

ネットを見ると、糖質、アルコール、不飽和脂肪酸を減らして、有酸素運動をと書かれています。ひとつひとつは当たり前な事でよく言われていることです。ですがどこのサイトでもかなりの割合で、サプリメントが効果的だといってサプリメント紹介ページに跳びます。
ですが、私のかかっているドクターは、サプリメントはダメだと言います。エビデンスがないものは効果を信用できないと言うのです。まあ、もっともな事です。とはいうものの、自力でなんとかするのも難しく感じます。

何事もバランス

食事は、何を食べるとか、何を食べないというやり方では、なかなかうまく行きません。糖質を抜いたところで、数日我慢できればいいほうです。あとでどか食いするのが関の山。
ですから食べない、というのではなく、どんなものを、どう調理して、どのくらいの量食べるかがポイントになります。好きなものばかりに偏らないように、バランス良く食べる。
そして、日常生活でどれだけ体を動かすか。体を動かそうと思っても仕事に集中しすぎて疲れたり、お天気が悪かったり、暑かったり寒かったりでなかなか続けるのが難しいと感じるようになります。

いつもと時々の組み合わせ

適度なスポーツを長続きさせるのは好きな事であることや、仲間がいることがポイントになります。テニス、水泳、ジョギング、バレエ、フラメンコ、と、いろいろ試してきました。今は基本的には、1番自分が楽しく感じるソーシャルダンスで落ち着いています。でも、レッスンだけでは運動量は到底足りません。レッスン以外で練習したり、ジョギングや、水泳も組み込んで週に2-3回は軽く汗を掻くくらいの運動量を確保したいものです。

過去にウォーキングをやり過ぎて、足を痛めた事もあります。こういう事ってありますよね。野菜だけ食べていてもダメなのと同じですよね。やるかやらないかじゃなくて、自分のバランスポイントを探しだして適度にやる。これが1番なんです。

仕事との関係

仕事はやり過ぎないと決めて同じ量の仕事をどうやって効率化させるか考えながら動いていますが、ついついやり過ぎて反省することも多いのです。やりすぎる時期はご多聞に漏れず、1月、3月、5月。業界ではもっとも危険な月です。仕事を集中させないで分散させることと、まとめてやれることはできる限りまとめてやることで業務時間の短縮は可能です。

記録をとる

いつ、何を食べたか。何をやったか。体重、体脂肪、血液検査の結果はどう推移しているか。
これが記録できて一覧になっていると、モチベーションが維持しやすいです。次回のの血液検査の結果を楽しみにするのも良いことです。
春は何かを始めるにはちょうどいい季節です。今日はこれから少し走ってきます!

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.