鼎泰豊(ディンタイフォン)に行きました

新宿高島屋タイムズスクエアビル12階にある鼎泰豊(ディンタイフォン)に行ってきました。書籍の中で台湾のこの会社の事が紹介されているのを見て行きたくなりました。
1996年にできた支店第一号が新宿高島屋店だそうです。

鼎泰豊(ディンタイフォン)は、1993年にはアメリカのニューヨークタイムズで「世界の10大レストラン」の一つに選ばれたお店だとか。わざわざ海外に行かなくても新宿て食べられるのですから恵まれてます。

お店を訪れて、まずびっくりしたのは、ゴールデンウイークのお昼時間を外した午後3時に、30分待ちと札がかかっていたことです。

写真は前菜3種盛りです。前菜より先に小籠包が来てしまったのですが、ついつい写真を撮る前に食べてしまいました。小籠包は熱すぎると火傷しますがちょうどいい温度で、するっといただきました。

豆腐干と昆布の和え物はカロリーが低くてお値段もお手頃だったので、頼んでみたのですが、これは小籠包に負けず劣らずの味です。箸が止まりません。

今回頼んだのは、前菜、豆腐干と昆布の和え物、小籠包3種盛り、海老餃子、酸辣湯麺、紹興酒と、仙草ゼリーです。

今度も、蓋を開けてもらうとすぐに箸が伸びてしまいました。海老餃子も残り2つのところでとった写真がこれです。なかなかいいお味です。

どこに行っても酸辣湯麺があったらこれを頼むようにしています。そのくらい好きなんですけど、鼎泰豊の酸辣湯麺もなかなか上品です。

締めに、ほろ苦い仙草ゼリーを頂きました。ジャスミン茶も美味しくて大満足。

全てのメニューに、カロリー表示がされていて、体重を気にしていても充たされる内容でした。

美味しいものは、いつ食べても元気がでます。ただ、怖いのはおいしくて食べ過ぎ、飲み過ぎしてしまうことです。
口にするものが体を作っていきますから、体調管理だけは常にしっかりしたいものです。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.