同じ間違えを繰り返さないためにできること

誰にでも間違いはある

いつもグーグルの予定表にこまめに予定を入れています。でも、たまにアプリの誤操作で、予定が消えてしまう事があります。先週まで入っていた予定が消えてしまっていて、びっくりしたのは2、3日前の出来事です。相手の人には丁寧にお詫びをして、再度予定調整をしてもらいましたが、冷や汗ものでした。

どうしたら間違えなくなるか

間違えに気づいた段階で、同じ間違えを二度としないような工夫をしなくてはいけません。何度も似たような間違えをしていたら、相手に迷惑がかからばかりか、信頼を失います。そして何よりも非効率です。

カレンダーと同期しているアプリが使いにくくて、入れ間違えが出る事は、うすうす感じていたのですが、不覚でした。

反省して、別のアプリを使うことに決めました。お金を出したものだから良いものだとは限りません。使いにくければ潔く別のものを探さなくてはなりません。

予定表の日程に関してはこれで、今後問題は起こりにくくなります。でも、勘違いでそこに入れてしまったというような間違えは、アプリを変えて防げるものでもありません。

初めての場所に行くときは、直前に再確認することで間違えを防ぐことができます。ずいぶんこれで助かりました。

人の間違えに気づくとき

自分が気を使っているところを、他人が気を使わないで動いていると気になるものです。電話で話していて、この人やっちゃいそう!と感じることがあるのですが、たいていその通りになります。

お会いしたことがなくて、お電話だけでお話ししていてもそういう事って、不思議とわかるものです。
注意は促すんですが、見事に引っかかりますから困ったものです。

よく考えると注意を促す時に、もっとしっかり伝えて、復唱させるくらいのことをしないといけないんです。

わかっているのに煩わしさを優先させてしまい、ついついスルーしてしまうのは良くないことです。

まとめ

自分の過去の間違えを繰り返さない工夫をすること。
不安なときは再度チェックする事。
人が間違えいように、必要に応じてくどくてもしっかりと伝える事。
そんな工夫を続けることで、何事もスムーズに運びたいものです。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.