的確な対応を取れる準備が大切

子どもたちと晩御飯

たまにはパスタでも食べようか〜!
なんて言いながら、子どもたちと晩御飯。美味しかったね!と言って帰ってきたのは昨日の9時。

夜中にお腹が痛い!

いたたた!お腹が痛い。
最近胃腸が疲れているせいかな。
パスタの油が合わなかったのかな。
お腹痛いな。
夜中の3時にお腹をこわしました。
お腹の風邪かもしれません。

翌日

昨日の夜中にお腹壊したんだよ。
と、子どもたちに話すと、
オレも!
俺も!
と言うではないですか!

えええー!?
みんな今日の昼間にお腹壊したって?
今は大丈夫なの?
お腹痛くない?

大丈夫かな

みんなで同じものを頼んだわけではありませんが味見はしあっています。1回お腹を下すだけで済めばいいですが、1-2週間は気とめておきます。
症状が続くようなら病院に行かないといけません。保健所に相談するのもいいかもしれません。

1番最初に調子を崩して、
状態が悪いのは私です。
でも私は数日前から胃の調子が悪かったので原因が何かといわれて特定しづらいのも確か。

以前学校の旅行から帰って息子がO157にかかった時の事を思い出すとゾッとします。あの時は高熱と、下痢。倦怠感を訴えていました。

どんな時でも冷静に、様子見しながら、適切な対応を取ることが大切ですね。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.