親としてできるのはアドバイスだけ

満開のソメイヨシノの中、じゃなかった。まだ満開には少し前の肌寒さの中、次男の入学式がありました。

中高一貫校があわないといって、中学卒業したあと通信制の高校を選んだ息子です。

自分でやりたいと思った事しか出来ない子です。だから、自分で決めて、自分で責任を取るという事を徹底してきました。親としてできるのはアドバイスだけです。

さすがに、通信制の高校卒業を最終学歴にするのは嫌だと言い出したのが高校2年の頃です。大学の受験の準備を始めた時、中高一貫校に通いたら続けていたらよかったなと、気付きがあったようです。

早い時期に、気付きがあるというのは良い事です。

もしも、あのまま中高一貫校に通っていたらもっとレベルは上がっていたと思いますが、場合によっては完全に勉強嫌いになっていた可能性もあります。

みんなそうだと思うのですが、自分が子どもだった時と、自分の子どもとは全くちがいます。教科書はありません。どんな本にも正解はかかれていません。その子供に合った選択をしていくしかありません。

社会の情勢と、家庭の状況と、子どもの気持ち。1番バランスが取れた選択がいいと考えています。

自分の力で勉強して入った大学です。これからしっかり学んでくれることを期待しています。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.