学びは楽しい

生保の受験勉強

生命保険専門課程試験を受けました。
勉強のために受ける事にしたのは昨年の事です。
ですがこの時期、思ったように時間が取れません。どうしようかと考えて、今回は常識の範疇で受かるものなのか試す事にしました。

勉強が面白い

試験の前日。
テキストは余裕がないので見ないことにして、ワークブックの問題を解いて、間違ったところを確認する方法を採りました。
ワークブックの税金のところは、突っ込みどころ満載でしたが、細かいところは気にせずにもくもくと問題を解いていきます。
ふむふむ…
初めて見る単語もあるけど、なんとかなりそう。しかも、金融商品の事が簡潔にまとまっているので、なかなか面白い。
最近疑問に思っていた資産運用のヒントになりそうな感じです。

何をどう資産運用するか

保険屋さんの目線で考えると、何はともあれ保険商品を薦めることになります。
でも、生命保険って、家を買うのの次くらいに大きな投資なんです。それを保険商品とだけ、比較するなんてナンセンスなんです。
そもそも資産をどう運用しようかなんて事を普段から考えてる人なんてごくごく少数です。
とはいえ、老後のことや、年金だけでは生活できないと予測されることは、きちんと考えておかなくてはいけません。
最低でも、歳をとって子供の負担にならない程度には、資産形成をしておかなくてはいけませんよね。

FPの勉強も為になる

どんなにお金を稼いでも、使いすぎたら何も残りません。だから何にどう使うのか、方針を定める必要があります。
ただし、どんなに頑張って節約して、将来のために残そうと努力しても、資産運用を間違ったら元の木阿弥です。保険商品の選択は資産運用の一部でもあるのです。
FPの受験勉強は、資産運用の事を考えるには、勉強になります。資格を取って、何かやるというよりも、将来のための勉強という位置づけで充分です。

まずは自己投資

という事で、何に投資したら良いのかわからなかったら、まずは自己投資する事を、オススメします。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.