確定申告の準備は1月中に

年の初めは確定申告の準備

仕事早めは、自分自身の確定申告の準備をするのがオススメです。確定申告の準備というのは3月に入ってからでは遅すぎますし、他の仕事の合間にやろうと思ってもついつい自分の事は後回しにしてしまいがちなものです。そして後手後手になるせいで、余計に面倒な事になります。そうならないように、仕事初めの余裕があるとにやってしまう習慣を持つのが良いのです。

資料が揃わない

請求書の関係で1月後半にならないと帳簿が締められないところも多いと思います。ですが、それは一部だけの事で、面倒な処理のほとんどの部分はできるところまで終わらせておくというのが可能です。この可能なぶぶんを全てやっておく事がポイントになります。
きれいに締められないからといって何もしないで放置しておくのは1番良くないパターンです。

例えば私の事務所は、もう12月まで締められるところまで全て終わってますし、1月で処理できるところまで完了しています。自分のことは後回しするのではなく、自分のことだからこそ1番最初にやっておくのが大切です。

医療費控除の準備

確定申告の準備の中でも特に面倒なのが医療費控除の時の医療費の集計です。その医療費の集計をで注意したいのが交通費。
病院までの往復の電車賃は集計すれば医療費控除することができます。ですがこれはあくまでも実際にかかった金額をご本人が申請して初めて控除できるものですから、きちんと集計する必要があります。エクセルを使って集計すると、わかりやすいのですが、去年までと同じ交通費のままで計算すると、少しずつ微妙に値上がりしていることがあって、間違えてしまうのです。交通費は注意が必要です。

まとめ

年の初めに確定申告の前段階までまとめておけば、あとは2月初めに資料を揃えて終わらせれば簡単に済みます。面倒な作業を、余計に面倒にする必要はありません。さっさとまとめて終わらせてしまいましょう!

編集後記※※※※※※※※※※

ダンスの衣装を試着してきました。買うかレンタルするか、悩みます。買えば保管するのも大変ですから。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.