常識を理解できればもっと楽になる沖縄で借りたレンタカー

親知らずの抜歯から24時間ほどだった頃、

顔の腫れだけでなく熱が出てきました。

親知らずと言っても外科手術です。

深夜に39度を超えた時は、このままどうにかなって

しまうんじゃないかって恐ろしく感じました。

そんなこんなで平日1日お休みしました。

具合が悪い時は休みます。

そのくらいの事はできるように普段から調整します。

わたしの事務所では、スタッフも突然お休みできます。

それだけ、普段から手際よく仕事をしているからできることです。

また、必要以上のボリュームにならないように仕事の量を

コントロールしたりと、仕組みづくりが欠かせません。

何があっても仕事、なんてナンセンスですし、体調が悪いときに

いい仕事をするのは困難が伴います。

具合が悪い日にはなるべく身体も頭も使わないのがいいんです。

熱があり、病院に行くのもぼーっとしているので、

車はやめにしました。

実は、これが大切なんです。

ぼーっとした頭で運転なんかしたら良いことありませんよね。

事故の確率が上がるのは誰でもわかります。

ああ、でも、交通事故は自分1人で起こすものじゃないから

誰かがぼーっとしている時に遭遇してしまったら事故ります。

それでも、自分のタマがクリアな時なら最悪の事態にまでは

ならない確率は上がるでしょう。

あいにく、事故になったけど、この程度の被害で良かった!

そんなのが理想です。

運転は、決まりごとというのは守らなくてはいけません。

道路交通法 66条では、正常に運転できない状態の運転は違反です。

第66条 何人も、前条第1項に規定する場合のほか、過労、病気、

薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれが

ある状態で車両等を運転してはならない

となっています。

罰則は酒気帯びと同じ(過労運転等の禁止)

でも、もっともっと、もっと常識を優先にして考えれば、

決まりごとを決まりごととして覚える必要は少なくなります。

だってそうですよね。

熱があって電車に乗りかえで、判断を誤るような状態の時に、

車の運転をしたらどうなるのか。

そう判断して運転を辞めたのですが、やっぱり道路交通法 66条

に書かれていました。さすがにそんな細かいところまで

おぼえていられませんから。

覚えていなくても、正しい判断ができるのが理想です。

だって、覚えないといけない事は他にいっぱいあるんです。

頭が破裂してしまいます。

あたりまえのことを、もっともっとあたりまえに行動できふ

常識があればみんなもっと楽になります。

余計な書類を作っていたら、その書類が無くなっても大勢に

影響かないのなら、その書類を作らなくすだけで、残業時間は

減ります。今までそうやってきたからという慣習で続けるのは

良くありません。

余計な手順を省くことを日課にしたら、

ものすごく残業時間が減りました。

余計な事かどうかは今までやってきた事だからという理由ではなく

これからどうありたいかというところで判断します。

都庁の人たちの残業を減らす取り組みは好感を持ちます。

役所の人の残業代は私たちの税金で賄われているわけですから、

もっと、何が無駄で何が必要なことか、判断できるようになって

もらいたいものです。

編集後記※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

8月に親知らずが痛み出して、10月に抜糸するまで12分に体調管理
してきたつもりです。それでも39度の熱が出るんですね。
もしかしたら発熱で身体が治ろうとしていたのかもしれません。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.