気になる消費税改正bsMAX77_gomibakokuma20141025153806

勉強はやればやるほど面白くなる

今年は一年間投資の勉強をしてきました。

儲かる結果が出せるかどうかは、もっと先の話になりますが、

とにかく経済のことに興味を持てるようになることは収穫です。

勉強というのは、やればやるほど面白いくなってきます。

子供の頃は、意味もなく勉強しなさいと言われてやる気を失った

ものですが、今はっきり分かるのは勉強が一番面白い趣味に

なるということです。

仕事にも面白味はあります。工夫次第でどうにでも改善できますし、

経験できることがたくさんありますから仕事は好きなんです。

ただ、それだけでは偏ってしまいますから、もっとマクロの視点

を持って勉強していきたいものです。

利益が出せるようになって、大変な人達のために寄付をして、

一度くらい紺綬褒章を貰うのもいいですよね。

消費税の軽減税率に違和感があるのはなぜか

ところで、消費税の軽減税率のことが騒がれています。

税制改正大綱がが固まったからです。

2017年4月に消費税率が10%にあがりますが、酒と外食を除く

食料品には8%の軽減税率を適用する事になります。

見ていて、あれ?なんだかおかしい。そんな気持ちになりました。

使い捨てのプラスティック容器に入ったおせちの消費税率は8%

だけど、高級重箱に入ったおせちは10%の消費税率がかかると

いいます。高級重箱でも、容器代と中身の代金を表示してあれば

セット商品とみなされないから料理については8%でいい。

なんだか・・違和感を感じます。

繰り返して使える商品と言うのは初期投資は必要ですが、大切に

使えば長期的に見ると間違いなくコスパは高くなります。

こちらのほうが本当は経済的なんです。

物を使い捨てするのは良くないことです。

 

ゴミが増えて良いことはない

なるべくゴミは出さないようにすべきですよね。

多くの市町村でゴミ処理が有料になっているのは、ゴミの

排出が消費者の責任になっているからです。

商品が見栄えが良くなってたくさん買ってもらえるために

業者さんが使っている物を買うことの代償として余分な

ゴミが発生するんです。

bs0I9A160415080826gomi.jpg

ゴミの発生する商品の購入に対して消費税のメリットを出すべき

じゃないと思います。

これではまるで、ゴミを増やすことを奨励する税制改正じゃない

ですか。

 

最終的に国民の負担が減る改正を

高額商品の容器を別に計上すれば料理の分だけ8%が使えるのなら、

プラスティック容器を使っていても同様にすべきじゃないのかな。

ゴミを出さない工夫がされた商品について軽減税率の適用を

すべきだとおもっています。

ゴミが削減されれて処理する市町村の負担も減ります。

プラスティックが資源ごみだと言っても、再生して利用するためには

それなりの設備も必要です。

ゴミの量が増えれば更にコストがかかるじゃないですか。

最終的にそのコストを負担するのは国民です。

同じ事務コストをかけるのなら、最終的に国民の負担が減るように

したほうが合理的です。

編集後記※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

12月乗り切るめどがたちました。
12月決算をほぼ終わらせて来週は年末調整
を終わらせます!

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.