補助金のチェックは定期的に2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577 s

小規模事業者持続化補助金の申請をしました。

この助成金は随分前から名前を変え内容を変えながら、

数年続いている補助金です。

補助金は返さなくても良い

補助金や助成金は支給されれば返さなくても良いお金です。

時々注意していると助成金の話はいろいろあります。

慣れてしまえば、要領良く定期的に何かの補助金や助成金を

利用することも可能でしょう。

今回の小規模事業者持続化補助金は2/3が補助されるもので

最高で50万円の補助が受けられるものです。

取り組みによっては100万円まで引き上がります。

めんどくさいのが難点

補助金や助成金の申請で一番困るのは手間がかかることです。

今回の申請でも全部で12時間位使ったのではないかと思います。

ですが、12時間働いて50万円利益が出るのだとしたら損はないですよね。

なるべくコストを掛けないための工夫の一つ

経営を改善させるための取り組みはどの事業者でも行っています。

ですが、コストばかりでなかなか成果は出にくいものも多いのです。

経営状況を良くするためにはある程度時間と費用がかかります。

たくさんコストをかければ良いというものでもありませんから、

少しでも良質なサービスを安価で手に入れるための手段の一つが

助成金ではないかなと考えています。

経営はギャンブルではなく、確実に利益を出すためのものです。

そのための計画をして、今の社会の情勢とニーズを捉えて、

自社がどんなふうに役立つ事ができるのかを、ロジカルな

補助金申請の作業の中で分析していくわけです。

申請=受給ではない

この補助金は申請したから受給できるものでもありませんが、

申請作業はそれ自体が経営者の頭の整理につながります。

私の事務所では、顧問契約を頂いているお客様の中でもこの

補助金が使えそうな方に声をかけて、講師をお呼びして、

ご自身で申請ができるようにセミナーでお伝えして、喜んでいただいています。

情報の拾い方さえ知っていればご自身で受給できるものです。

今回の提出期限は今日までなので、もうみなさんホッとしたところでしょう。

補助金・助成金の情報は定期的にチェックしよう

 

どんな助成金があるのか定期的に確認するようにスケジューリング

しておけるといいですよね。

(下記のサイトが参考になります)

●厚生労働省:事業主の方のための雇用関係助成金

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/

●中小企業庁:補助金等公募案内

http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/koubo/

●中小機構:起業支援・創業補助金

http://www.smrj.go.jp/venture/grant/

●東京都中小振興公社:助成金事業

http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/

●創業・第二創業促進補助金

http://sogyo-shokei.jp/sogyo/download.html

●東京商工会議所:助成金事業

https://www.tokyo-cci.or.jp/shikin/jyosei/

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.