リスクヘッジのためにhttps---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PAK86_tokyoline15064053500-thumb-1000xauto-12361

8月は特殊な月です。まとまった夏休みを取っていなくてもお客様が長期休暇に入ってしまったりすると業務が停滞します。私の事務所では今年は半ばにお盆休みを頂いたので後半は休みがありません。今日、明日は終日勉強しています。今勉強をしているのは投資のことです。ファイナンシャルプランナーの資格を持っていますのでもっとたくさん、お客様にアドバイスを出来るように勉強をしています。
そればかりでなく、税理士業務を減らしても最低限生活できるくらいの投資の技術を学んでおこうとも考えていたりします。
これからいままで1日かけている業務を半日の量に減らします。そしてもっと技術と知識を磨きます。スキルアップしていくためにある程度業務量をセーブしなくてはいけません。業務量をセーブしても所得が落ちないようにするための手段が投資なんです。しっかり勉強して長くお付き合いしているお客様にも、良くなってもらいたいと考えています。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-KAZ885_kotoukunoakari-thumb-1000xauto-18358

長生きのリスクに備える

勉強のためにお金を使わずに、遊ぶために使おうと思えば使えるのですが、万が一自分が平均寿命以上に生きるた場合に、今の年齢で遊んでばかりいては絶対に後悔することになると考えているからです。このまま何歳まで仕事を続けることができるかはわかりません。そんな中でも私達のように独立系の税理士が、ずっとやっていこうと思ったら、ある程度ペースダウンしていろんな知識を補っていかなくては長くは持ちません。今はフルに近い力でやっていますが、このまま何年も続けてどこかでうごけなくなったらおしまいです。なにがあっても大丈夫なようにリスクに備えているわけです。

 

早死のリスクは生命保険でまかなえるけど

生命保険は万が一早死したときに、子どもの養育資金がまかなえなくなるリスクをのために使うのが良いです。早死はリスクです。でも、長生きのリスクも有ります。長生きのリスクというのは生活費が長い間必要になるということです。年をとっても自分が生活していけるくらいの資金を稼げるようになっていないとおちおち入院もできません。
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSU888_tasyutayou-thumb-1000xauto-18387

誰かの重荷になるのは嫌

年をとったときに若い世代の人の負担になりたくありません。年金の保険料は負担しても、できれば年をとっても年金は受け取らないで済ませたいと思っています。だって、年金は若い世代の負担になる制度です。若い世代のほうがなにをやるにしても大変じゃないですか。結婚したら夫婦仲良くしないといけない、仕事もしっかりしないといけない、子供も育てなきゃいけない、子供をしっかり育ててほしい。若いというだけで負担は大きくなるんです。
誰だって自分の子どもたちに、自分が苦労したような苦労をさせたくありません。もし苦労させるなら、もっと建設的な苦労をしてもらいたいですよね。

 

編集後記※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

土日はブログ休もうと思ったのですが書くことにしました。

とにかく今日中にアップするのが課題です。

今日もギリギリでした〜

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.