物を所有したら活用するための努力が必要IMG_3126
応接室のレイアウトを変更しました。
今の事務所になってからずっと同じレイアウトを維持してきましたが
新しい風を取り込んでスッキリとさせることにしました。

本当は事務所の移転をして無駄なものを強制的に廃棄したいという
気持ちがあるのですが「移転する」という一連の作業と手続きにかか
るコストを考えると話は具体的になりません。

移転して新しいエネルギーを取り込むのは十分魅力的でワクワクし
ますから「いずれやりたいことリスト」には載せてありますが、
今生きる上でもっとライフワークを充実させることのほうが優先
順位が高いので「すぐやりたいリスト」には入りません。
ここで無駄な動きをするのは得策ではありません。

そこで今できる一番効果的な作業をすることにしました。
物を捨てて模様変えをすることです。
実は今の事務所に物が何もなくてスッキリしていた時のことを考
えると、なんでこんなものがいつまでもここにおいてあるのかな?
という物が鎮座していたのです。

ずいぶん前に頂いて応接室に置いておいた陳列ケース。
これを真っ先に廃棄することにしました。

理由
(その1)空間を大切に使いたい
(その2)業者さんに頂いた手前お付き合いで置いていたが疎遠になった
(その3)そこに冊子類を置く目的が見出せなくなった

空間を大切に使う

気持ちのいい空間を作るのはとても大切なことです。
同じ広さの空間でも物が散乱していたら落ち着きません。
ものを考えるために最低限の物があればいいのです。
すっとテーブルに置いてあったペン置きもテーブルから撤退
しました。
スペースは変わらなくても空間の価値を高める事はできます。

あれ?これって売上を増やさないで利益を出そうとしている
のと似ていますね!

業者さんの担当はよく変わる

業者さんと契約を交わした時に頂いた記念品のようなものです。
そこに物を置きたかったわけではありません。お付き合いで
置いたわけですから、随分前に担当者が変わったときに廃棄
すべきでした。
その後の担当者に一部が破損している旨お話しましたがスルー
されてます。
一度置いてしまうとそこに置かなくてはいけないもののような
気持ちになってしまいます
。気をつけないといけません。

そこに置く目的が見いだせない

そもそも業者さんが持ってきたケースを利用しなくてはもったい
ないという理由から置いていたわけですから受け取ってはいけな
かったのだと今になって思います。
物を所有ということはそれを活用するための努力が必要になるのです。

使う努力をしないのなら所有し続けない

「使えるから」という理由で保有している物は空間を食べてし
まっています。例えば2万円で購入した学習机も使えるものですが
一坪というスペースを何年も専有してしまいます。
なるべく早く使っていただける誰かのもとに届けるのがBESTです。

編集後記※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

7/10の源泉所得税の時期なので気合が必要ですがそれでも
いくらか落ち着いてきました。あたふたと毎日を過ごすの
ではなく、もっと余裕を持って生きたいですね。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.