相続税の2割加算は意外と間違えやすいF05061a65c23024173ad5b73742554a5 s

相続税の2割加算される

今年から相続税の申告納付をしなくてはいけない人が増えました。

相続税は、亡くなった人と戸籍上一番近い関係がある人と比べて、それ以外の人の相続税の負担が2割増しになるのをご存知でしょうか?亡くなった人と近い関係にある人が財産を相続するのは当たり前だけど、そこまで近くない人が相続した場合は、本当は貰えない財産をもらって得したわけだから、2割多く税金を払ってねというような感じです。

亡くなった人が男性であれば奥さん、女性であれば旦那さん、亡くなった人の子供や、亡くなった人の両親は、亡くなった人と戸籍上一番近い関係にあります。戸籍上の直接の繋がり以外のところで、実際に誰とどんな関係だったのかを客観的に判断することは難しいことです。そのため戸籍上一番近い人かどうかでこの辺りを判断しています。

その一番近い人とくらべると、それ以外の人との相続税の負担は2割多くなるようになっていて、それが相続税額の2割加算という制度なんです。

(2割加算にならない人たち)

●亡くなった人の配偶者(妻又は夫)

●亡くなった人の両親(父親や母親)

●亡くなった人の子供

●亡くなった人の子共がすでになくなっている場合に代襲相続人になった孫

●亡くなった人の養子(孫が養子になった場合は代襲相続以外は2割加算対象となるので注意)

(2割加算になる人達)

●亡くなった人の兄弟

●亡くなった人と養子縁組により子となった孫(代襲相続を除く)

●亡くなった人の祖父母

●そのの人

C87f0ad4a99b02dbf15e1a243f2d4158 s

 

2割加算は間違えやすい

この2割加算というのが相続税でけっこう誤りやすいと言われています。法定相続人なんだから加算されるわけはないと思い込んでいたりするようです。国税庁でも下記のような2割加算の事例を紹介しています。

被相続人の兄弟や姉妹が相続した場合の2割加算する

独身で子供がいない人が亡くなって、両親もいない場合には、兄弟が法定相続人になります。兄弟が財産を相続したような場合には、相続したのが法定相続人であったとしても相続税の2割加算の対象になるという話です。

たとえ法定相続人が兄弟しかいないような場合であっても、2割相続税が多くかかることになるのですが、スルーしてしまって相続税額の2割加算の計算をし忘れるケースが多いようです。

養子縁組で子となった孫が親と一緒に祖父の財産を相続する場合は2割加算する

親が相続した財産を、後で相続するのが順当な立場にいる孫を養子縁組することで、親が亡くなったときの相続税の負担が減ります。代襲相続以外はたとえ養子縁組をしたとしても、孫の相続税は2割加算になります。

被相続人の孫が代襲相続した場合は2割加算しない

亡くなった人の子供が相続するのは当然なのですが、子供のほうが先に亡くなってしまっていたような場合に孫が代襲相続人した場合にどうなのかというケースです。代襲相続した孫は子ではないので2割加算の対象になると考えて、ついつい2割加算して計算してしまうようなケースが多いようなんです。先になくなった親の代わりに祖父母の財産を代襲相続してまで2割加算をされることはないのです。

8605917c19347a0b25248311e704c80c s

マイナンバーが浸透したら相続税も変わるのか

2割加算のことだけ考えてもいろいろ細かなことがありますよね。間違えても仕方ない細かさです。

今年から、マイナンバーが始まってこれからますます国税庁が個人の財産の把握がきっちりとできるようになるでしょう。もし仮に全てを把握できたとしたら遺産の種類によっては遺産分割協議書を提出したら相続税は申告納税方式以外に、賦課課税方式が選択できたら、もっと合理的になるのかな。なんてふと思います。

 

編集後記※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

やっとスタットレスタイヤを履いてきました。市町村への給与支払報告書の提出が終わり、今月は残すところ法定調書合計表と償却資産税の申告のみ。来週半ばの業務完了を目指します。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.