仕事ばかりしていてはいけないhttps---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-KAZ76_nemof07-thumb-1000xauto-17905

かなり久しぶりの投稿になってしまいました。
仕事のやり過ぎです(笑)。
こんなに仕事をしてしまっては税理士失格ですよね。
「えー?なんで?」と言われるかもしれませんね。
理由は、力技で100%仕事ばっかりやっていたら業務の
質が確実に落ちるから
です。

学ぶ時間を作ることが大切

どういうことかというと、新しいことを学ぶ時間がとれ
なくなって結果的に品質低下につながるというわけです。
「スタッフに任せればいいじゃないか」
と言われるのですが、スタッフがたくさんいてもメリッ
トがないので今は安心して任せられる人に手伝ってもら
うだけにしています。

5月は会計事務所の繁忙期

5月に申告書を提出する法人は国内にはたくさんあって
どうしても会計に携わっている人間は5月はいっぱいい
っぱいになりがちなのです。数年前までほとんど休めな
いのがあたり前でした。
その、あたり前だと思い込んでいたのが間違えだったの
だと気づいてから、少しずつ自分を変える努力を重ねて
きました。
それでも今年は通常ではありえない業務があってやるべ
聞か悩んだのですがやってみることにしました。
倒れるかと思いましたがなんとか乗り超えました。

自己評価も下がるのは悪循環

税法は毎年変わります。
やっとのことでついていくだけで本を読む時間もない。
そんな状態ではダメです。受験時代はいつもへとへとに
なって疲れて無理して仕事を続けている状態はあたり前
の業界でした。
そんな状態では自己評価も低くなり良いことはありません。
あたり前から抜け出すというのは大変なことですが、余裕
を作ることをテーマにしだしてからは色んなものが見える
ようになりました。

量より質

使える時間は限られていますから量をこなすよりも、質
を上げる工夫をすることに重点をおくことで、メンタル
もずいぶん楽になりました。
業務の質を上げるためにはお客様にもご協力いただかな
いといけません。協力してもらえないお客様をどうする
のか?ということもあるでしょう。
こちらからは今一番良いと思われることをおすすめして
いますからそれを拒むような場合は人間関係ができてい
ないことを疑います。その場合は顧問契約を続けてはい
けないと考えています。

大切なのは信頼関係

お互い人間ですから言うことを聞きたくないのかもしれ
ません。でもいうことを聞きたくないような人に帳簿を
預けたらダメなんです。
信頼関係か築けない場合はお断りいただいたほうがいい。
そこがうまくいかないとお互いのためにならないのです。
税理士なんてたくさんいるのですからお互い無理しちゃ
ダメなんです。

お客様の残業も減らす

今どのお客様にもご協力いただけていて、底固めしてい
ますので来年には同じ業務をやっても残業はしないで済
むように整えています。
もちろんお客様の残業も減らします。
お客様に一番のメリットがあって、自分も気持よく出来
る仕事に特化する。
独立しているからできることではありますが、独立して
いてもなかなか出来ない事でもあります。
更に挑戦していきます。

【編集後記】※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
業務が一段落したところに、ブログを見たよ!と同業者
の友人から電話を頂きました。
反応してもらえると元気が出ます!
うれしくなってまた仕事しすぎてしまいそうです。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.