サッポロビール千葉工場の見学レポート5月の業務もひと段落。
繁忙期がやっと終了しました。
お疲れ様ということで、サッポロビールの工場の見学に来ています。

平日はなるべくアルコールを控えています。
でも、人と会う時とか特別な時の美味しいお酒は思いきり頂きます。
何事もメリハリが大切ですよね。
今回は、長い間頑張ってきたご褒美です。
たまには美味しいビールもいいですよね。

頑張ったご褒美に大好きな黒ラベル。
その中でも、出来立ての生ビールが500円で二杯試飲できる工場の見学がある。
そんな情報を入手したら行かないわけにいきません。
ということで3週間前にネットで予約。
JR津田沼駅まで送迎バスがあるということなので、
金銭駅にも肉体的にも負担が少ない1時間のツアーに行ってきました。

サッポロビール千葉工場の見学は、ゆずの2人も来たそうです。
歴代の黒ラベルが並んでいて昔のラベルがいい感じです。
海外で販売されているものも並んでいて面白いです。

「サッポロビン生」が黒ラベルの最初の名前。
「黒ラベル」というのは愛称から正式名称なんだそうです。

ポップってこんな感じなんですね。
美味しいビールは厳選された素材で作られています。

ものすごく大きなタンクの中に麦ジュースを入れて発酵させます。
発酵するのに繊細な温度管理をするんだとか。

煮沸釜を使って、ろかされた清涼な麦汁にポップを加えて煮沸して、ビール特有の苦味と香りをつけます。

黒ラベルの星のマークは北極星なんです!

いよいよ出来立ての黒ラベル生の試飲です!
500円の工場見学の最後には、おつまみ付で二杯のできたて生ビールが試飲できます。

二杯目の試飲は期間限定黒ラベル。
味の違いを比べて大満足。
ここで、缶ビールの注ぎ方も教えてくれました!

美味しいビールには、ひとくち飲むたびにレースのような泡のレースがでぎます。
これをレーシングといいます。
ビールを美味しく飲むには油がつかないように洗って自然乾燥したグラスを使うのが良いそうです。

ここで試飲できます。工場見学の後、もっと試飲したければ別料金ですが、安くて美味しいビールを味わうことも可能です。

工場見学が終わったら、マリンハウスで一休みできます。
バーベキューもビールの飲み放題もあります。
今回は、試飲していないビールを1杯。
これもなかなか美味でした。
席からは砕氷船「しらせ」が繋留されていて、窓からの眺めがまた最高です。

工場まで、JR津田沼駅や、JR新習志野駅からの送迎のバスがあります。
工場見学に参加している15名の団体客も一緒でした。

また遊びにいきたいな。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.