貸倒れを処理するポイントkasidaore

債権の貸倒れの問題ってやっかいですよね。

義理と人情を重んじる古き良き時代なら、世話になったから

という理由で掛売をすることもあったのでしょうが、昔からの

商習慣で代金後払いの信用で取引をしていると貸倒れの問題が

発生した時に厄介です。

代金を払えないことがわかっているのだから、自分でできる

ことを工夫してやるだけで支出は半減します。ですから最初から

人に仕事を頼まなければいいんですけどそういうことをやろうと

しないことに問題があります。

もし私がその立場なら、今後どうやってお金を使わないで済む

ようにできるかということを身につける工夫をします。

払えないお客様にはなるべく自分でできるように工夫して

もらっています。

自分でできることは自分でやったほうが効率が良いのです。

そんな工夫をしていると代金不払いの問題はかなり減るのですが

それでも会計をやっていると代金不払いの問題は重くて、

後処理の負担は大きくなります。

ことに経理担当者のいないような零細の会社の場合はなかなか

処理が進みません。

 

まあ、そもそも支払が遅れたり、支払えなくなりそうな相手

とは取引をしないのが原則です。

それでも急に相手の会社の経営状態が悪化して支払ってもらえなく

なるということもあるでしょう。

そんなときに、回収できない債権に対して貸倒れといって、

費用処理が可能になります。

この貸倒れの要件は大きく分けて3つあります。

 

貸倒れの3つの要件

1.金銭債権が切り捨てられた場合

次の3つのいずれかが起きた年度に貸倒れ処理が認められています。

1)会社更生法や、民事再生法等が適用されて切り捨てられることが

決まると、その金額が貸倒れ処理できます。

2)法令の規定による整理手続きによらない債権者集会の協議決定等で

合理的な基準によって切り捨てられる金額が貸倒れ処理できます。

3)取引先の債務超過の状態が相当期間(おおむね3年)継続していて

その金銭債権の弁済を受けることができない場合に、その債務者に、

書面で債務免除額を通知した場合のその債務免除額が貸倒れ処理

できます。

2.金銭債権の全額が回収不能となった場合

債務者の資産状況、支払能力等からその全額が回収できないことが

明らかになった場合は、その明らかになった事業年度において貸倒れ

として損金経理することができます。

(担保物があるときは、その担保物を処分した後)

(保証債務は現実に履行した後に貸倒れの対象となります。)

3.一定期間取引停止後弁済がない場合等

1)継続的な取引を行っていた債務者の資産状況、支払能力等が悪化したため、

その債務者との取引を停止した場合において、その取引停止の時と最後の

弁済の時などのうち最も遅い時から1年以上経過したとき

2)同一地域の債務者に対する売掛債権の総額が取立費用より少なく、

支払を督促しても弁済がない場合

 

貸倒れの処理のタイミングが問題

ここで何が問題になるのかというと、この貸倒れの処理をする

タイミングがいつなら良いのかというところが問題になるのです。

今年なら処理できるけれども、来年だと認められないということ

も出てきます。

取引先が倒産するような景気の悪い時は自分の会社の数字も

あまり良くなかったりします。貸倒れ処理を法律通りに行うと

どうしても自社の決算で利益がでなくなってしまうという場合に

問題になるのです。

自社が赤字続きになると金融機関から融資を受けられなくなる

危険性が高まります。そんなことから貸し倒れ処理をしないで

(これは一種の粉飾決算になります)おくことも考えられます。

もちろん、貸倒れの処理というものは利益が出ている年だけ

処理できるというものではなくて、上記の3つの事項が生じた

年に貸倒れとして損金処理した場合にのみ認められるものです。

ですからもしもその年に処理をしなかった場合、それ以後

損金処理ができなくても仕方ないと諦めなくてはいけません。

 

利益が出た年に損失計上したりしても、法人税の申告書を

作成する段階で自己否認が必要になるのです。

 

又、当期に貸し倒れ処理をしたいときは決算日前までに

債務免除の通知を出すことも忘れないでしないといけません。

あちらを立てればこちらが立たず。難しい問題となるのですが

このくらいのことを理解していればなんとか乗り切れます。

 

編集後記※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

ブログが書けたのでこれから選挙にいってきます!

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.