はじめてのクーリング・オフakane20160312012313_tp_v

1週間前に、気に入って購入した化粧品を使用して、お肌のトラブルが始まりました。購入した時の書類には、開封後の返品は不可となっていましたが、相談窓口に電話をしたら着払いで返品すれば、返金してもらえるということでひとまず安心しました。

トラブル発生

目の周り、鼻の下にもプツプツしたものができて手で触るとザラザラします。少し赤みがあってほてってピリピリ痛かったり痒かったりする状態です。このまま化粧品を使用できません。肌が荒れるなんてあるんですね。びっくりです。

でも、使えなくても代金のお支払いはもうカードで済んでいます。決して安いものではありませんか。自分はどうしたいのか。これからどう対処したらいいか考えました。

nkj56_ripglosskesyouhin_tp_v

クーリング・オフについて

商品のクーリング・オフは8日以内に未開封であれば可能と記載してあります。全て開封して使ってみてからのトラブルです。クーリング・オフは難しいのでしょうか。知らないというのは不安なものです。

ただ、困ったら今はネットがありますからなんでも調べられますよね。便利な世の中だと感じる反面、一つずつの対応が面倒な時代です。

国民生活センターhttp://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_volunteer/mj-chishiki24.htmlのホームページにクーリングオフの事が書いてります。こちらを参考にしました。

トラブル時の返品交換

購入した時に受け取った書類に、お肌のトラブルがあった場合には開封後でも、他の商品と交換出来ます。という内容の記載があります。交換してもらえるならちょっと安心です。
事業者側に立って考えると、お客様に悪いことが起きないようにできる限りの対応だと思います。そういう対応ができる業者さんで良かったと思います。

ネットでと噂話

ちなみにこの会社のことどんなふうにみんな言っているのか、ネットで見てみました。悪質な会社だとかそれこそ風評被害ではないかと思われる書き込みがたくさんありました。匿名で悪口を書く人の言葉がどれくらい信頼できるか分かりません。ケンカ両成敗ですから、片方の話だけ聞いてもダメです。取引は対等なものですから、そう感じた人もいるんだなと思いますが、いろいろ書かれていると不安になるものです。とはいえ、ひとがどう言っていても、あくまでも自分が判断すべきものです。

電話相談を使ってみる

とにかくクーリング・オフ期間内なので、早く連絡するべきだと考えて、相談窓口に電話して症状を話しました。

すると、返品してくれれば商品代金は全額返金してもらえるという事です。
そして、できるだけ早く病院に行って見てもらって欲しいとのこと。もちろん治療費はお支払いしますとの事。

残念ながらこの時期に皮膚科に行く時間がすぐに取れる状況ではないので、そう伝えると、良くならなかったら大切なお肌のトラブルなので、皮膚科を受信してくださいとの事です。

そう言ってもらえるのは嬉しいです。ですがネットを見ていると、業者さんの紹介する皮膚科だと、業者さんに有利な証言をねつ造される危険性もあるということがかかれていますから、中立公正な立場で診断してもらえるところを自分で探して行くほうが、安心なのでしょう。

pasonaz160306260i9a1855_tp_v

何かあったら相談窓口へ

昨日店舗で、担当のお姉さんに、プツプツの事を話したところ、使用中止してくださいという事は話でした。ですが返品の話はありませんでした。その日にクーリングオフの期間が来ていたら、返金の対応はしてもらえなかったかもしれません。

現場サイドでは対応できないことでも、相談窓口に連絡すると、トラブルは早く解決することが多いです。ですから、相談窓口のダイヤルがある会社の場合は、そちらに電話するのが良いのです。今回もそれですんなり解決できました。

まとめ

今回はお肌のトラブルでしたが、仕事をしていればいろんなトラブルがあります。結局信頼関係を築くのはトラブルの時のしっかりした対応だと思っています。

しっかり安心できる対応をする業者さんであれば、確実に次につながります。でも、きちんと対応できなかったら疎遠になります。

とはいうものの、過度な要求をしてくる、クレーマーと呼ばれる人が多いのも事実です。そんな中でも、これはおかしいと思ったら、適切な対応を求める力が必要です。

トラブルが起きたときの対応が一番大切なのです。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.